ホーム >  採用情報 >  インターン >  インターン参加者の感想

インターン参加者の感想

服薬指導を超える病院業務への驚き

■ 立命館大学 Tさん 2018/3/19-20

就職活動をするにあたって、『単科と総合病院の違いを知りたく、また精神科に興味を持っているが、薬局実習では精神科領域の薬が適正に使用できているのかが分からなかった』のでインターンシップに応募しました。
自分の想像していた病院薬剤師像である、単なる服薬指導だけではなく、在宅や患者さんの状態チェックの為の病棟業務が行われており驚きました。
現在の医療では退院した後の状態の把握が難しいと感じており、薬局での在宅や訪問看護ステーションは増えているが、病院カルテを閲覧できないことから情報が少なく、再入院しても病院側もどのような生活を送っていたのかわからないのが現状ですが、病院自体が訪問薬剤師や訪問看護を行うことで、生涯を支援していくことは1つの解決方法だと思いました。
これまでの印象では精神疾患の患者さんは会話することが難しく、聞き取りが非常に困難であると思っていましたが、実際には自分の思っていることを一生懸命伝えようとして下さる方が多い事に気付きました。生活を続けていけるように会話の中でさりげなく症状の確認を行い、指導へ活かしていく技術や観点は大変勉強になりました。
また、精神科の薬剤師は精神科薬物療法の知識だけではなく、心理学的なコミュニケーション技法を用いたり、単科の病院では他科の専門医がおらず、問い合わせ先として標榜科目以外の幅広い知識を薬剤師が知っていることが重要であると知りました。

患者さんの目線から最大限の利益を引き出す思考を実感

■ 立命館大学 Nさん 2017/8/23-24

精神疾患は病気の線引き自体が難しいとのことで、教科書だけではつかめない部分が多々あるのだろうと思っていた。大学の同級生から『水口病院のインターンが精神科への見方やイメージを変える機会になった』と聞いてインターンに応募しました。
病院内の様子は想像していたよりも綺麗で明るく(特に職員さんが)、陽性症状/陰性症状といったフレーズが私の中で一人歩きしていたが、普通に会話やゲームを楽しんでいる姿から今までなんとなく抱いていたイメージとは違っていました。
精神科では経過によって診断名が変わっていくこともあるという話を聞いて、診断の繊細さや難しさを感じたと同時に、病によって違う幻覚のタイプもあることを知り、患者さんと接することで見分け方のポイントを肌で感じられたりするのかなと思いました。
治療方針や指導記録を読んでいると、『いかに患者さんの目線に立って最大限の利益を引き出そうと思案しているか』が伝わってきました。薬物療法はもちろんなのだが、副作用に囚われ過ぎず、本当に困っていることへのフォーカスをすることが信用への第一歩であり、ひいては回復への近道であるのだなと伝わってきました。
2日間のインターンを通して、患者さん本人はもちろん、周囲の協力が不可欠であることを再認識しました。特に生活環境を整え、社会復帰をする為には、家族の支え無しには実現できないと感じました。病院という建物であるが、グループホームやしろやまコミュニティハウスなどの関連事業をみて、就労支援や1人暮らしの練習についても病院の支援下で行え、患者さんやその家族も安心できる取り組みがあると思いました。

チーム医療の実際を五感で学ぶ

■ 立命館大学 Nさん 2017/8/23-24

インターンシップのポスターを拝見し、『現場に入ることで薬剤師間や多職種との連携など、チーム医療の実際はどのようなものか五感で学べるのではないか』と思い応募しました。
精神科は「患者さんが個室でなるべくストレスを与えないように過ごしているのかな」と想像していましたが、実際には全くそのようなことはなく、むしろ日中は部屋から出て食堂や作業療法室での活動など、活気のある交流が図られていて薬剤師や多職種の方々が患者さんに寄り添っている現場に印象が変わりました。
同じ疾患でも個別の背景によって大きく症状は異なり、同じ治療法を適応することが必ずしも正しくはなく、注意深くコミュニケーションをとることで、治療効果を見ながら1人1人に最適な治療計画を立てていくことがとても大切であることを感じました。
 今回のインターンシップでは患者さんの僅かな変化に気付くためのポイント1つ1つや精神疾患の治療方法だけではなく、他科の疾患での検査値や画像検査、論文の読み方と活用方法など実際に働いているから教えて頂けるようなことまで体験できました。
『自分が働く上で何を求めるか、仕事におけるやりがいが何なのか』を知る事ができました。

問題を的確に把握し、会話に載せる能力

■ 立命館大学 Mさん 2017/8/17-18

薬局は外来患者さんのアフターケアとして機能を発揮しますが、薬局での実務実習では精神科患者さんへの服薬指導にかけられる時間は5?10分が殆どでした。また、毎回同じ薬剤師が対応できるわけではなく、患者さんの中には簡単に心を開いてくれない方もおられ、『病院ではどのように精神科の患者さんへアプローチしているのかを知りたい』と思いインターンシップに参加しました。
今回のインターンシップでは病棟や在宅訪問での服薬指導に同行し、1人1人の患者さんの話を焦らずゆっくりと聞くことが出来る十分な時間があると感じました。
『学校ではこの疾患にはこれだけの症状がある』と画一的に教わるので、同じ病名の患者さんであっても、意思疎通が出来る方もいれば、全く応じない方もおられ、ある1つの診断名でも症状が多様であることに少し驚きました。また講義では症状の内容まで習う機会はありませんでしたが、疾患による幻視、幻聴体験の違いなどを知り、患者さんの訴えから、何に困っているのか、何をして欲しいのか、最近の症状はどうかなど、『的確に把握する能力が必要だと思いました。また、それらの事を自然な流れの中で話しているように見えました。』患者さんとの距離が近いのは病院より薬局と聞いていましたが、病院も患者さんとの距離が近いと思いました。

チーム医療の中で薬剤師の担う役割

■ 立命館大学 Tさん 2017/8/17-18

精神疾患については授業でも学ぶ機会が有りましたが、他の疾患と比べると実際に患者さんにお会いしないと分からない部分が多いのではないかと思い、『チーム医療の中で精神科薬剤師が実際に担っている役割について学びたい』と考えインターンシップに参加しました。
長期的に病気と一緒に生活して行く為には、一生涯において薬を服用していく必要がある場合も多く、退院後の服薬継続率の低さからも、精神科薬剤師は医師や看護師、精神保健福祉士、作業療法士などを含めた様々な職種や生活支援センター、援護寮、老健施設など広域な連携にて様々なステージの患者さんをサポートしていることを学びました。
精神科においては単に服薬確認を行うという目的ではなく、お話を聞くこと自体にも大きな意味があることを学びました。単に質問に対して聞かれたことのみを伝えようとするのではなく、『何故そのように思うのか、受診や入院している理由まで話を掘り下げることで、より納得して治療に専念できること、再入院を防止することに繋がる』と学びました。1人に掛けられる時間や情報量の多さはイメージしていたものと異なりました。様々な職種との共同指導にて、トランプ遊びからも動作性改善や状態把握が意図されており、時間帯ごとの服薬状況の把握からは生活リズムの建て直しへのアプローチなど、積極的に治療に関わることでより良い治療に繋がっていることから、そのような薬剤師になりたいと思いました。改めて根拠のある説明をすることで、薬剤師に何が出来るのかをアピールすることの大切さと、患者さんとコミュニケーションを取りより多くの情報を得ることの重要性と難しさが分かりました。

手続き・問い合わせ

〒528-0031 滋賀県甲賀市水口町本町2丁目2番43号
一般社団法人 水口病院
人事担当室
TEL:0748-62-1212 FAX:0748-62-1215

お問い合わせフォーム